LITALICOワークス 評判

LITALICOワークスの特徴

リタリコワークス 評判

 

  1. 安定して働ける知識・スキルが身に付く
  2. 長く働ける職場が見つかる
  3. 一人ひとりにあった支援だから安心
リタリコワークス 公式サイトへ

LITALICOワークス(リタリコ)は障害がある方の就職・再就職を支援する就労移行支援サービスです。

リタリコを調べると「辞めたい」「ひどい」「是正勧告」「やばい」「宗教」と悪い口コミ・評判がありました。

復職・再就職は絶対に失敗したくない。だからこそ、LITALICOワークスの悪い評判は気になるかと思います。

でも、安心してください。利用者の多くは満足していました。

LITALICOワークスの実績は「定着率90%」「10,000人以上が就職成功」「就職先企業4,500社以上」です

10,000名以上で業界トップの就職実績であるリタリコはやばいです。

LITALICOワークスの一部の悪い口コミは「事業所との相性の確認不足」が主な原因でした。事前に確認しておけば、失敗を回避できます。

LITALICOワークスは、無料見学と体験利用できます。良い口コミ方々と同じ結果になるように事業所を実際に体験し、自分の障害特性や状況、環境と相性が良いか確認してみてください。

リタリコワークス 公式サイトへ 無料相談・見学は、LITALICOワークスの利用を前提としたものではありません。無理な勧誘はないのでご安心ください。

会社名 株式会社LITALICO
就職実績 累計10,000名以上
定着率 90%
対応地域 全国
札幌、仙台、東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、愛知(名古屋)、静岡、兵庫、京都、大阪、岡山、広島、福岡、宮崎、沖縄
対応症状 精神障害者、発達障害、知的障害、身体障害など
障害者手帳なしでも相談OK
対応職種 事務、サービス、専門職、軽作業、運用・清掃、保安・保守、農林漁業

LITALICOワークスは「いったいどんなところなんだろう?」と不安に感じる方もいますよね。

就労者移行支援は、障害者の就職・再就職をサポートするサービスです。

精神障害や発達障害をはじめ、障害者を幅広く受け入れてくれる事業所でもあります。

障害手帳がなくても、医師の診断などで通える可能性もあるので、まずは相談してみましょう。

リタリコワークス 公式サイトへ

関連記事:就労移行支援おすすめランキング|評判比較の事業所で就職

LITALICOワークスとは

リタリコワークス 会社概要

LITALICOワークスは、株式会社LITALICOの障害者の就労移行支援サービスです。このサービスでは、障害者の働くを応援しています。就労移行支援・相談サービスとともに就労定着支援も行っています。

以前は、ウイングルという会社でした。LITALICOの会社概要をまとめました。

商号 株式会社LITALICO(LITALICO.Inc)
所在地 東京本社
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F/20F(アクセスマップ)
(受付時間 9:00~17:00 土日祝・休業日除く)
設立日 2005年12月26日
資本金 375,849,375円
代表者 長谷川 敦弥
事業内容 1. 学習塾及び幼児教室の運営事業
2. 児童福祉法に基づく障害児支援事業
3. 障害者総合支援法に基づく就労支援事業
4. インターネットメディア事業
5. その他
事業者数 就労支援サービス LITALICOワークス 86拠点
ソーシャルスキル&学習教室 LITALICOジュニア 119拠点
IT×ものづくり教室 LITALICOワンダー 17拠点
(2020年9月時点)
従業員数 2,536名

(2020年9月時点)

就労移行支援とは?

株式会社LITALICOの就労移行支援とは、一般就労等を希望し、知能・能力の向上、実習、職場探しを通じ、適正にあった職場への就労等が見込まれる障害者(65歳未満の方)が企業等への就労を希望するものを対象のサービスです。

  • 一般就労等への移行に向けて、事業所内や企業における作業や実習、適性に合った職場探し、就労後の職場定着のための支援等を実施
  • 通所によるサービスを原則としつつ、個別支援計画の進捗状況に応じ、職場訪問等によるサービスを組み合わせ
  • 利用者ごとに、標準期間(24ヶ月)内で利用期間を設定

参考:就労移行支援について

企業への働くことが可能と見込まれる方が対象で、2年間という限定で通所することができます。

よって、雇用契約を結ぶ就労継続支援A型や就労継続支援B型とは内容が違います。

LITALICOの営業時間

営業時間は、8:30となっていますが、プログラム利用開始時間は9:00からです。

例えば、LITALICOワークス名古屋駅前では…

月火木 9:00~15:00
水金土祝 9:00~12:00
▼営業時間
平日 8:30~17:30/土祝 9:00~13:00
※日曜日も月1回~提供しています。詳しい提供日時はお問い合わせください。
※新型コロナウイルス等の拡散防止対策の一環として、各事業所にて時差出勤を実施しております。お電話・ご来客の受付時間を10時~17時とさせていただいております。

ちなみに年末年始はや法人が定めている夏季休暇があります。必要なことは、各事業所にお尋ねください。

LITALICOの問い合わせ

フリーダイヤルなので、気軽に電話できます。

0120-951-712

受付時間は、平日10:00~17:00

LITALICOワークス 評判|リタリコの口コミ

リタリコワークスの評判口コミ

LITALICOワークスの評判・口コミをまとめました。良い口コミ、悪い口コミがあるのでそれぞれ確認していきましょう。

LITALICOワークスの良い評判口コミ

LITALICOワークスの良い口コミをみると

  • 安定して働ける知識・スキルが身に付く
  • 専門的な視点の支援が得られる
  • 長く働ける職場を見つけられる

と評判が多数上がっていました。

良い評判口コミ1:安定して働ける知識・スキルが身に付く

最大手のLITALICOワークスもいいですよ。KAIENは少しスパルタだけど、こっちはゆるめです。
障害者就労移行支援のLITALICOワークス
LITALICOワークスは就職を目指す障害者の就労支援・雇用支援を行う就労移行支援事業所です。全国約80ヶ所で累計10,000名以上の就職を実現。障害者の「働きたい」をサポートします。

引用元:Twitter

2019/8から通い始めてもう1年以上が経ちました。
途中、状態を崩したりして休んだこともありましたが、スタッフの方々の親身な支援のおかげで無事に就職が決まりました。
個別に無理のない支援計画を作ってくれるので安心して通えたと思います。
ありがとうございました。

障害者就労移行支援事業所 LITALICOワークス 金山新尾頭

スタッフの皆様が凄く親身に接してくださったおかげで、スムーズに就職活動を進める事が出来ました。所内の雰囲気も明るく、のびのびと参加することが出来ました。
就職後もサポートして頂けるので、安心して卒業できます。
ありがとうございました!

障害者就労移行支援事業所 LITALICOワークス 新宿南口

LITALICOワークスは、生活リズムを整えながら仕事をしていく上で必要なことを学ぶカリキュラムがあります。

就労移行支援の土台となるのは通所です。リタリコは他社よりも自由度が高く通いやすい点で高く評価されていました。

就職に成功された方は安定して通所し、仕事に必要な知識・スキルを学んでいます。

通所しやすい雰囲気だから無理なく通所できるところがLITALICOワークスの魅力的なポイントです。

リタリコのプログラムは資料請求も行なっています。気になる方は請求しておきましょう。

リタリコワークス 公式サイトへ

良い評判口コミ2:専門的な視点の支援が得られる

スタッフの人が親切で親身に自分のことを考えてくれたので、就職に向け不安なく行動することが出来ました!

障害者就労移行支援事業所 LITALICOワークス 立川北

スタッフさんが丁寧に優しく教えてくれます。ちなみに土曜日もあり、日曜日は、月に1回あります。勤務時間は、9時から14時までです。

障害者就労移行支援事業所 LITALICOワークス 大宮

親身に相談に乗ってもらえる(^-^)/

障害者就労移行支援事業所 LITALICOワークス 札幌大通東

LITALICOワークス相談会行ってきた。
初めてのとこで緊張したけど対応してくれた方がとても優しい方で一つ一つ丁寧に接してくれて良かった(*^_^*)
いろいろお話が出来て行ってよかった

引用元:Twitter

先日相談に行ったら、サービス管理責任者の女性の方がとても親身になって話を聞いてくれました。就職について、ハローワークでは求人の紹介だけでしたが、こちらでは、就職までのプランを一緒に考え、就職後のフォローまでしてくださるそうで、とても心強く感じました。

障害者就労移行支援事業所 LITALICOワークス 川崎

LITALICOワークスの口コミでは、相談の丁寧である・安心できるという評判が多くありました。

この相談の評判が高い理由は、最適な支援を提供するためにさまざまな経験のあるスタッフが在籍しているからでした。

LITALICOワークスは企業でのマネジメント経験や福祉サービスの専門家、NPOや人材育成などさまざまな経験のあるスタッフを採用しています。

スタッフ研修も定期的に実施しており、障害と就労に関する研修トレーニングとして、臨床心理士や社会福祉士の方を講師に心理学、ソーシャルワーク、職業リハビリテーションの実践と理論を学んでいます。

株式会社LITALICOに入社後、現場に配属される1週間、3ヶ月後のフォローアップ、6ヶ月後のフォローアップと複数回で研修を行っています。

「幅広い経験のあるスタッフ」と「障害と就労に関する学び」があるから就労移行支援を利用する側の悩み、障害者雇用をする企業の悩みを理解できています。

相談の丁寧・安心できることから良い口コミに繋がっていることがわかりますね!

良い評判口コミ3:長く働ける職場を見つけられる

20代・女性接客販売(店舗内業務)

同世代より年配の方が多い環境が、働きやすいことに気づけた実習。その気づきを生かした就職が、今も働けていることにつながっていると思います。

30代・男性事務補助(データ入力・書類整理)

オフィスワーク希望でしたが、電話対応が苦手でした。就活時にスタッフが調整してくれたおかげで、電話対応がない働き方が叶いました。

LITALICOワークスを利用された方で就職して長く働ける口コミがありました。

LITALICOワークスの企業インターン(職場体験)で自分の適性を発見できるからです。

LITALICOワークスでは、自分に合う仕事や、自分らしい働き方を見つける機会として企業での職場体験実習を行なっています。

自分自身の適正を把握することは、長く働ける工夫や自分にあった職場で働く環境を探す上で役に立ちます。

自分に合った仕事を見つけられているからこそ、長く働ける職場を見つけられるのですね。

本当に自分に合う仕事を探したい方は、LITALICOワークスの企業インターンはおすすめできます。

リタリコワークス 公式サイトへ

LITALICOワークスの悪い評判口コミ

一方でLITALICOワークスの悪い口コミをみると

  • ゆるくてサークルのような雰囲気だった
  • 交通費が出ない
  • スタッフとの相性が悪い

といった評判の傾向がありました。

悪い評判口コミ1:ゆるくてサークルのような雰囲気

LITALICOワークスにいって見ました
空気がすごくゆるくて、サークルのようでした
大喜利のようなものをやっていたりするのですが、
この空気に1-2年浸っていて果たして就労できるのか不安になってしまいました
もうちょっと厳しめで短期間の就労支援はないでしょうか?
常時就職に関係するプログラムをやっている所がいいなと思っているのですが…

引用元:Yahoo!知恵袋

良い口コミでは、LITALICOワークスはスパルタではないということで良い評価を得ていました。しかし、一部の方には「ゆるすぎる」と悪い評価もされていました。

このゆるい理由は通所することが楽しいと思ってもらうためであるからです。

障害のある方の「働きたい」をサポートするためには来てもらわなければなりません。

安心できるコミュニティ作りの観点からは成功してます。

本当にゆるいだけなら、就職者10,000名以上、定着率90%の高い実績は出せません。

他の就労移行支援事業所からLITALICOワークスへ切り替える方もいらっしゃいます。

無理なく安定して通所できる雰囲気のある事業所を選ぶならLITALICOワークスはおすすめできます。

 

LITALICOワークスは通いやすい雰囲気と人気があります。本当に通いやすい事業所であるか確かめるためにも無料見学に行ってみてください。

リタリコワークス 公式サイトへ

悪い評判口コミ2:交通費が出ない

LITALICOワークスの相談に行ってきました。色々なことが聞けたし、検討してみようと思います。今は空きがないので通所は3月から4月になるそうです。ただ交通費が痛いのと自分がきちんと通えるのかどうかだけが心配ですね

引用元:Twitter

就労移行支援サービスによっては交通費の補助があるところもあります。

LITALICOワークスは大手ですが、交通費の補助はありません。

ただ、交通費に関しては自治体によって支給されるところがあります。

地域によって差が出るのでLITALICOワークスに相談しにいった際に確認してくださいね。

悪い評判口コミ3:スタッフとの相性が悪い

スタッフの対応が非常に質問ばかりで話が進まないのと意味の分からい質問を投げかけてるスタッフがいる

障害者就労移行支援事業所 LITALICOワークス 横浜東口

スタッフに頭の知的障害がある人扱いをされた。
例えば上から目線で知的障害があるかどうかの訓練を上から目線で見られた、指の体操と生じた訓練、勿論自分は全問正解。
それなどを見て態度が明らかに変わったスタッフがいた。
スタッフより学歴はある分嫌だったから行かなかった。自分には合わなかった。幼稚園かと思った。

障害者就労移行支援事業所 LITALICOワークス 川崎

LITALICOワークスに限らず、スタッフとの相性が悪くコミュニケーションギャップが生まれることがあります。

全てのスタッフが上から目線で対応するとは限りませんが、悪い印象に感じているのはコミュニケーション不足が合ったかもしれません。

同じ施設でも「良い」「いまいち」と人によって評価は変わります。

やはり支援員や事業所との相性が非常に大切です。

就労移行支援で失敗しないためにも事前に見学をして雰囲気をチェックしてみてくださいね。

リタリコワークス 公式サイトへ

LITALICOワークス 転職者の評判口コミ/リタリコはやばい?

就労移行支援事業所の評判は支援スタッフの評判の良さも重要です。リタリコはやばいって本当?と気になりますよね。

LITALICOワークスへ転職された方の評判口コミも調査しました。

会社口コミプラットフォームのenLighthouseによると株式会社LITALICOの転職者の評価は5段階評価のうち3.6と福祉関連の企業では高い評価を得ていました。

転職された方には会社の成長性・将来性、社会貢献度、20代成長環境で良い評判が多数見られます。

株式会社LITALICOの採用傾向は若い人が多く、ビジネスマナーがしっかりした人が転職しています。活気のある会社です。ただし、若い人が多く、長く働く前提で環境を作っていないため、女性の働きやすさでおすすめできないことから、他社へ転職される方も多いです。

事業規模を比較するとやばいくらい大きな会社です。しかし、給料が低く転職を検討される方もいる様です。

転職サイトで求人がよく出ていますが、ブラック企業でやばい会社だからではなく、拡大している会社だからです。

支援スタッフは若く優秀な方が多い一方で転職される方も多い企業なので、事業所によってサービスの差が出る可能性がありそうです。

就労移行支援事業所の総合評価ではLITALICOワークスが1番評判・口コミが良いです。

転職先として選ばれている就労移行支援事業所なのでスタッフは優秀な方が多いので検討されている方はご安心くださいね。

リタリコワークス 公式サイトへ

LITALICOワークス 評判|利用のメリット

リタリコワークスのメリット

LITALICOワークスの評判・口コミからわかるメリットを解説します。

  • 累計10,000名以上の就労実績
  • 職場定着率90%
  • 就職先企業4,500社以上で大企業

メリット1:累計10,000名以上の就労実績

LITALICOワークスのメリットは、累計10,000名以上の就労実績があることです。

全国に90カ所以上の事業所を開設しています。全国に拠点がある就労移行支援事業所の大手企業だからです。

働くことに不安を抱える方のための就職相談会やセミナーを全国で定期的に行っており、就職へのサポート力があります。

オンラインでの講座もあり

「当事者の声」「自己分析や適職探し」「応募書類や面接のコツ」などが開催中です。

  • 参加無料、事前予約制
  • 1回から参加可能
  • カメラ・マイクはオフでもOK!

初めて会う人と対面するのが苦手な人や顔出ししたくない人でも利用可能なのはありがたいですね。

  • 面接の対策をしよう
  • 障害のある方のリアルな就活
  • 採用担当はあなたの何を見る?
  • 面接で役立つ!ポイント虎の巻
  • 就職事例から考える 就労支援活用のヒント
  • LITALICOワークスってどんなところ?
    (2021.2.5現在)

セミナーや講座を受講したいけど、開催会場まで行くことにハードルが高い人には、オンラインで受講できるのはチャンス!まずは、オンラインからというスモールステップを踏んでみましょう。

あなたらしく働くを見つけるためのリキュラム数は200もあります。

Q:どんな支援プログラムがありますか?
A:コミュニケーションに関するプログラムから就活講座、企業インターンなどがあります。プログラムの中から、特性や状況にあわせて選択していきます。
テキスト代は無料なので、安心してください。パソコンスキルに不安がある方も基本的なことから学べます。例えば、パソコンの電源をいれるからスタートする人もいるんです。

Q:企業インターンとは?
A:企業インターンとは、企業での職場体験学習です。自分に合う仕事や働き方を考えるチャンスになります。自己分析に役立ちます。
企業インターンの流れとしては、①実習内容の検討②企業実習の開始③実習終了の振り返りとなります。

また、ピアトークといって、障害があり、体調や生活・仕事のことで悩みをもつ仲間(ピア)と集まり、それぞれの悩みを共有しあうことで、自分の悩みの解決のヒントを探すイベントも開催されています。

LITALICOワークスでは、精神障害、発達障害、知的障害、身体障害、難病など幅広い症状の方も就労移行支援の対象です。就職された方では、精神障害の就職率は約6割、発達障害の方が約3割となっています。

精神疾患とは…うつ病、適応障害、双極性障害、パニック障害など
発達障害とは…アスペルガー症候群、ADHD,広汎性発達障害(PDD)、自閉症スペクトラムなど

「うつ病でもできる仕事があるのか?」

「そもそも向いている仕事はあるの?」

「就活でどうのように話したらいいのか?」

「正社員で働く?無理、仕事が怖い。」

「転職を繰り返すのが嫌だ。」

復職を考えたり、仕事を探していると。いろんな不安や葛藤がありますよね。

LITALICOワークスでは、仕事をしていく上で働き方の工夫や対策も一緒に考えてもらえ、就労支援をしてもらえるので安心して就職・再就職活動もに望めますね。

LITALICOワークスのサイト内にも、就職・転職事例が掲載されているので、それを見るだけでも励みになります。

業種別で見ていくと幅広い場所で、自分の特性を活かして活躍されています。

医療福祉、飲食サービス業、IT・情報通信、小売業、製造業・メーカー。旅行。宿泊・レジャー、不動産・レンタル、教育・学校、公社・官公庁、人材サービスなど

就職者を年齢別で見ると、20~40代の方が9割占めています。

リタリコワークス 公式サイトへ

メリット2:職場定着率90%

LITALICOワークスの2つ目のメリットは90%という高い職場定着率を更新していることです。

就職後も、定期的な面談や就職先へのアドバイスなど、企業側とも連携した定着支援を実施しているからです。

LITALICOワークスは就労移行支援の定着率が右肩上がりになっています。

2018年の実績は88.0%。2019年は89.7%と1.7%アップしています。

2018年までは、就職者・就職先企業双方に対する定着支援に注力していましたが、2018年10月より就労定着支援事業所も開設し、企業への訪問や個別面談を実施しています。

就労移行支援事業所の約8割は、一般就労への移行率が60%未満であることを考えると高い定着率はメリットがありますね。

メリット3:就職先企業4,500社以上で大企業がある

LITALICOワークスのメリットは就職先企業が4,500社以上あり、1,000名以上の大企業へ就職・転職できることです。

LITALICOワークスの企業規模別で見ると、1000名以上の企業が5割を占めていて、1000名未満が25%です。

規模感の大きい企業への就職・転職に成功していることがわかりますね。

では、実際にどんな企業が障害雇用をしているか?実例を紹介すると以下の通りです。

LITALICOワークス 就職先の例

日本郵便株式会社、ANA大阪空港株式会社、ほけんの窓口グループ株式会社、株式会社あきんどスシロー、株式会社三越伊勢丹、生活協同組合コープあいち、フジパン株式会社、株式会社かんぽ生命、大東建託株式会社、株式会社マイナビパートナーズ、まいばすけっと株式会社、静岡トヨタ自動車株式会社など

「あっ、この会社知ってる。こんな大きな会社に就職でいるの?」と思われたかもしれませんね。

また、職種別で見ていくと、様々な職場に就職されているのがわかります。

事務:一般、経理、労務、人事、財務
サービス:接客、調理、販売、営業
専門:医療・福祉、介護従事者、クリエイター
軽作業:組み立て、ピッキング、梱包
運搬・清掃:輸送、配送、清掃
保安・保守:警備員、メンテナンス
農林漁業:生産、収穫

一つの専門に絞った支援ではなく、パソコンや作業プログラムなどで、自分に合うスキルを身につけます。

その後、企業インターン(企業での職場体験実習)で自分にあった働き方を考えられます。

LITALICOワークスのメリットは就職先企業が4,500社以上という実績があるのが嬉しいポイントですね。

リタリコワークス 公式サイトへ

LITALICOワークス 評判|利用のデメリット

リタリコワークスのデメリット

LITALICOワークスの評判・口コミからわかるデメリットを解説します。

  • 事業所との相性で決まる
  • 給料なし、交通費、昼食代が自己負担

デメリット1:事業所との相性

「空気がすごくゆるくて、サークルのようでした」

口コミの方が見学された時間がたまたまコミュニケーションをとる時間だったかもしれませんし、穏やかな雰囲気でアットホームな事業所なのかもしれません。口コミの方のように「もうちょっと厳しめで短期間の就労支援はないでしょうか?」短期間での就労を目指す方には、不安に感じることもありますよね。

事業所やスタッフにも個性がありますので、自分のおかれた環境や障害特性と合わない可能性も往々にしてあります。

なので、LITALICOワークスでは、まずは見学と体験利用をおすすめしています

もしかしたら、初めての場所に出掛けたり、初対面の人が苦手という方もいるかもしれません。

ですが、自分が心地よくサービスを受けるためにも見学は行ったほうがよいでしょう。ご家族や関連機関の方も同席OKなので、心配な方は一緒に出掛けると心強いですね。

デメリット2:給料なし、交通費、昼食代が自己負担

就労移行支援とは、仕事に必要な知識や能力を向上させるための訓練や求職活動の支援、就職後、職場へ定着させるための相談や支援する事業所となります。

そのため、原則として給料(工賃)は発生しません。そのため、利用している間の生活費は工面する必要があります。

また、ランチ代、交通費は自己負担です。交通費については…一部の自治体では、一定の基準を満たす方に交通費の助成金を出していることがあります。住んでいる自治体の窓口で聞いてみましょう。

(例)海津市精神障害者小規模作業所等交通費助成金交付要綱

平成31年3月29日 告示第68号
(平成31年4月1日施行)

デメリット3:専門スキルには特化していない

LITALICOワークスの評判からわかるデメリットは、専門スキルに特化していないことです。

LITALICOワークスの就労移行支援は、一人ひとりに合う「働く」を見つけていけるようなサポートを行うです。

  1. 就職準備
  2. 企業インターン
  3. 就職活動
  4. 定着支援

の大きく4ステップで支援を行っています。

就職準備では、通所できるように生活リズムを整える、自分を知る、仕事に必要なコミュニケーション、パソコンなどの基礎的な作業、スキルを身につけていきます。

その後、企業インターンで、得意なこと・苦手なこと・課題を見つけていき就職につなげていく。

というのがLITALICOワークスの就労移行支援です。

中心にあるのが企業インターンです。

就労移行支援事業所によってはITスキルを学び、WEBデザインなどの業界に就職。という事業所もあります。

LITALICOワークスはこういった専門スキルを学ぶということがありません。

IT分野で働きたい、得意そうだといった場合には、結果としてLITALICOワークスの訓練が合っていないかもしれません。

カリキュラムの不一致になる可能性もあるので、LITALICOワークス以外の事業所への見学は必須です。

LITALICOワークス 評判|就労移行支援利用までの流れ

LITALICOワークスでは、まずは見学と体験利用をおすすめしています。なぜなら、就労移行支援サービスは、初めての方が多いからです。

また、自分の障害特性によって、その事業所を快適に利用できるかも大切なポイントです。

ぜひ、見学と体験利用をしてから、申し込み手続きをしましょう。ご家族や関連機関の方も同席OKなのは心強いですね。

リタリコワークス 公式サイトへ

ステップ1:お問い合わせ・資料請求

  • 資料請求
  • 見学申し込み
  • お問い合わせ

LITALICOワークスや就労移行支援について、わからないことがあれば電話で相談にのってくれます。フリーダイヤルなので、気軽に電話できますね、

ステップ2:説明会・見学会

  • サービスの説明
  • 施設見学
  • 相談

定期的に利用説明会を実施しています。気になったら、まずは見学!がおすすめです。

ステップ3:手続き・体験利用

  • 受給者証の申請
  • 利用計画の作成
  • プログラム体験
  • 利用前の面談

LITALICOワークスの利用には、市役所などでの窓口で申請が必要です。「私にもできるかな?」「知らない単語ばかりだ。」と心配になっても大丈夫。スタッフの方が手続きをサポートしてくれます。発効までは、体験利用ができます。

ステップ4:利用開始

申請が完了すれば、いよいよ利用開始です。自分の特性や環境などによって、かかるプロセスは違いますが、スタッフが就職まで一緒に伴走してくれます。

リタリコワークス 公式サイトへ

LITALICOワークスのよくある質問

Q:利用するにはどうすればいい?
A:電話かWEBフォームで問い合わせ可能です。

Q:医師の診断書は必要ですか?
A:医師の診断や定期的に通院していれば、障害差手帳を持っていない人でも自治体の判断で利用可能なことがあります。

Q:どれくらいの利用料がかかるの?
A:9割以上の方が無料で利用中です。(2016年5月現在)

Q:どれくらいの通所期間で就職できますか?
A:早い人で1~3か月、ゆっくりな方で1年半~2年です。

Q:どんな会社に就職できるの?
A:就職先は、50未満から1000名以上と業種も職種も利用者の方によって違います。

Q:就職後のサポートはあるの?
A:面談や企業訪問などで、利用者の方が安心して仕事できるようにサポートします。

Q:在職中(休職中)や在学中でも利用できるの?
A:条件によっては、利用可能です。まずは、問い合わせをしましょう。

LITALICOワークス 料金は?

リタリコワークスの料金

就労移行支援の自己負担額は、厚生労働省で定められていて、前年度の収入によって負担額の上限は変わります。ですが、利用者の9割以上の方が自己負担0円です。

区分 世帯収入状況 負担上限
生活保護 生活保護世帯 0円
低所得 市町村税非課税世帯(※1) 0円
一般1 市町村税非課税世帯(所得割16万円未満)(※2)
*入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用を除く(※3)
9300円
一般2 上記以外 37200円

(※1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(※2)収入が概ね600万以下の世帯が対象になります。
(※3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」となります。
※その他条件によって減免があるので、各行政に確認してください。

交通費はでるの?

交通費は、自己負担です。一部の自治体では、一定の基準を満たす方に交通費の助成金を出していることがあります。住んでいる自治体の窓口で聞いてみましょう。

昼食・ランチはでるの?

LITALICOワークスでは、昼食代は自己負担です。

工賃(給料)はでるの?

工賃の支給はありません。

なぜなら、就労移行支援とは、仕事に必要な知識や能力を向上させるための訓練や求職活動の支援、就職後、職場へ定着させるための相談や支援するためだからです。

LITALICOワークス評判・口コミまとめ

LITALICOワークスは、「職場定着率89.7%(2019年実績)」「累計10,000人以上の人が就職をしている」「就職先企業4,500社以上」が魅力の就労移行支援サービスです。

穏やかな雰囲気の事業所があるため「ゆるやかすぎる」などの口コミもありました。

全国で90カ所も事業所を展開しているのはLITALICOワークスだけです。それだけ通いやすく、身近な存在で相談等もしやすくなりますよね。

まずは、見学・体験利用をおすすめしています。ぜひ問い合わせてみてくださいね。

リタリコワークス 公式サイトへ
タイトルとURLをコピーしました