ベネファイ 評判

ベネファイ 評判|おすすめの特徴

ベネファイ

  1. 難病専門の就労移行支援
  2. Web制作スキル習得の費用0円
  3. 障害者就職実績は東京・大阪でNo.1
ベネファイ 公式サイトへ

ベネファイは、難病専門の就労移行支援サービスです。

難病専門の研修プログラムで自己理解を深めつつ、企業から求められる事とご自身が出来る事のギャップを見つめ直す機会を提供し、手帳がなくても応募できる一般枠で無理なく働き続ける求人を探すサポートをしています。

ベネファイのおすすめポイントは、「難病専門の就労移行支援」「難病専門の研修プログラム」「難病の方向けの求人を紹介」の3つです。

疾病を隠して働いていたけど、今後は疾病配慮のある企業で働きたい。はたらくことに不安を持っている方におすすめです。

ベネファイ 公式サイトへ

無料見学・個別での相談が可能です。

関連記事:就労移行支援おすすめランキング|評判比較の事業所で就職

ベネファイ 評判|運営会社

商号 株式会社ゼネラルパートナーズ
設立 2003年4月9日
代表者氏名 代表取締役社長 進藤 均
資本金 2,500万円
主要取引銀行 三菱UFJ銀行 虎ノ門支店
りそな銀行 日本橋支店
事業内容 障害者の総合就職・転職サービス
・求人情報サービス
・人材紹介サービス[無料転職サポート]
・就労移行支援事業
– シゴトライ秋葉原&いそひと・リンクビー大手町(事業所番号 1310600695)
– シゴトライ・リンクビー大阪(事業所番号 2714100803)
– リドアーズ・ベネファイお茶の水(事業所番号 1310500853)
– リンクビー秋葉原(事業所番号 1310100662)
– atGPジョブトレIT・Web秋葉原(事業所番号 1310100720)
– atGPジョブトレIT・Web渋谷(事業所番号 1311301293)
– atGPジョブトレIT・Web船橋(事業所番号 1212802837)
・就労定着支援事業
– シゴトライ秋葉原&いそひと・リンクビー大手町(事業所番号 1310100571)
– リンクビー秋葉原(事業所番号 1310100761)
– シゴトライ・リンクビー大阪(事業所番号 2714101611)
– リドアーズ・ベネファイお茶の水(事業所番号 1310200736)
– atGPジョブトレIT・Web渋谷(事業所番号 1311301400)
・就労継続支援A型事業
– アスタネ(事業所番号 1116506559)
厚生労働大臣許可番号 人材紹介業 13-ユ-030101

ゼネラルパートナーズは、社会問題の解決を起点に事業を創造している会社です。

10年以上障害者の就職・転職をサポートしており、働き続け活躍したい障害のある方向けのスキルアップ研修、就職活動を行う就労移行支援事業所を症状別・スキル特化別に展開しています。

ゼネラルパートナーズの提供する就労移行支援事業所

ベネファイでは、 難病のある方はの多くは難病を隠しつつ、就職活動をされるパターンがほとんどです。体調が悪化した時に配慮を貰えず離職してしまう傾向があります。

そのような難病に対しての配慮がまだまだ行き届いていない社会に対して、一石を投じるべく立ち上げたそうです。

難病のある方の採用に関して企業の対応はまだまだ認知が低い状況です。

難病をお持ちの方も周囲のサポートがあれば十分に活躍できる方が多くいる。職場でご活躍される方を増やしていくことで、「難病」への良き認知を広めていきたいという想いで運営されています。

ベネファイ 公式サイトへ

ベネファイ 評判|口コミ

ベネファイ 悪い口コミ

ベネファイの悪い口コミはありませんでした。

開設されたばかりで口コミ自体が少ない。専門性が高く良い評判しかないからと推測できます。

難病の方に特化した就労移行支援事業所は日本初の試みで他社にはありません。
専門性の高さから利用者が少ないと思われます。

また、ベネファイはお茶の水の1事業所だけなので全国展開をしていません。

利用できる事業所が1箇所なのでサービスの質を管理し維持できているでしょう。

就労移行支援事業所は相性が大切なので見学で確認して、相性を確認してみてくださいね。

ベネファイ 公式サイトへ

ベネファイ 良い口コミ

ベネファイの良い口コミをまとめると

  • 難病のことが勉強になる
  • ベネファイの利用者さんを雇用した
  • 企業への周知を啓発をしている

と好評な評判がありました。

ベネファイ 利用者の口コミはありませんでしたが、支持している方が多いですね!

難病のことをわからない企業も多いので、企業側が勉強になるという口コミが多いですね。

ベネファイ利用者の採用を決めた会社もあるので、開設して間もない事業所で就労実績があることが確認できますね!

難病を隠しながら働いている方は、実際の訓練内容を見にいくことをおすすめします!

ベネファイ 公式サイトへ

ベネファイ 評判|メリット

メリット1:日本初の難病の方に特化した就労移行支援事業所

ベネファイのメリットは日本初の難病の方に特化した就労移行支援事業所であることです。

同じ境遇の仲間と出会えたり、ロールモデルとなる先輩に出会えるからです。

現在、難病の方を受け入れている就労移行支援事業所もありますが、他の障害者と同じプログラムを提供している事業所がほとんどで必ずしも難病の方に適した内容を提供できているとは限りません。

こういった状況からベネファイでは、難病の方に特化して、就労に向けたスキルを身につけれる事業所を開設しています。

難病を抱えながら働いている先輩がどのような努力をしたのか、自身の症状から配慮して欲しいことは何だったかのかを知ることが出来ます。

これはピアサポートといって難病で苦労された経験のある仲間とグループワークや仲間がいる環境を作ることで仲間同士の支え合い、リカバリーの一歩を踏み出すきっかけになります。

難病に特化しているからより具体的な話が聞けるのはメリットがありますね。

メリット2:専門的な研修プログラムがある

ベネファイ2つ目のメリットは、専門的な研修プログラムがあることです。

就労に向けて企業への配慮事項をまとめられるからです。

ベネファイでは、疾患や配慮事項など、自分の症状理解をする研修、ストレスマネジメント研修があります。

自己理解を深め企業にわかりやすく伝えるためのスキルを身につけたり、疾患に伴う悩みからストレスも多いのでストレスマネジメント堅守を実施しています。

難病のある方の就労では企業側の病気への正しい理解が不足していることが要因となっています。

ベネファイでは、利用者が企業様向けの発表会を行っており、自身の症状、、日常で配慮して欲しいこと、病気についての具体的な話をする機会を作っています。

参考:難病の方専門の就労移行支援事業所「ベネファイ」で発表会を開催

こうした発表を通じて、企業様への難病への誤解・偏見の是正につながること。病気についての自己理解、伝える技術を身につけられることが魅力的ですね。

ベネファイ 公式サイトへ

メリット3:難病の方向けの求人を開拓

ベネファイ 3つ目のメリットは、難病の方向けの求人を開拓していることです。

ベネファイを運営するゼネラルパートナーズは2000社以上の企業人事とのパイプを有効活用できるからです。

難病をお持ちの方は、障害者手帳の取得が難しく、実際に難病患者さんの手帳取得率は約28%と低いです。
(参考:平成30年度東京都福祉保健基礎調査「障害者の生活実態」報告書)

障害者雇用枠のような企業の雇用義務もなく、難病の方の雇用が進んでいない現状があります。

障害者と健常者の狭間にいる状況で相談できる機関、支援が障害者と比較すると少ない状況なので就労に苦労されている方は多いです。

困難になっている理由は以下の2点です。

  1. 難病の疾病の特性により就職・職場定着が困難になっている
  2. 事業主側では、難病のある人の雇用経験がなく難病のある人について職務遂行上障害となる症状が明らかになっていないことから適切な雇用管理を行えていない

こうしたことから難病の雇用促進として、厚生労働省では、難治性疾患患者雇用開発助成金もスタートさせています。

ただ、ノウハウがないため実情としては難しいです。

ベネファイでは利用者が研修プログラムと通して事業所発表会で発表を行っています。

難病を持っている方との接点を持たせる機会を積極的に設けており、配慮事項をわかりやすく本人の口から伝えられるようにしています。

ベネファイ利用者の方を採用した企業のインタビューには以下のような記載がありました。

従業員数が拡大したのを受けて、当社として初めて障害者雇用をしようと調べている中で、ゼネラルパートナーズの就労移行支援事業所のことを知りました。私自身もそれまで障害のある方と一緒に働いたり、マネジメントしたりしたことがなかったので、まずは障害の特徴や就業において配慮すべきことを教えていただこうと訪問しました。(中略)
2人目の障害者雇用を検討し、就労移行支援事業のほうにどなたかご紹介いただけないかと伺った際に「利用者さんの発表会があるからいらっしゃいませんか?」とご案内いただいたんです。利用者さんがこれまでやってきたことや自身の病気について発表する場で、ベネファイの利用者であるAさんにもそのときに出会いました。

参考:難病の有無に関係なく魅力的だった。ユニオンゲートグループが難病のある人を雇用した理由

障害者雇用に興味を持つ企業との接点を持っているため、難病の方向けの求人を開拓できています。

難病をお持ちの方が疾病配慮のある求人探しは難しいです。

ベネファイなら、疾病配慮できる企業と出会うチャンスが多いことが最大の魅力と言えますね。

ベネファイ 公式サイトへ

ベネファイ 評判|研修プログラム

ベネファイの研修プログラムを紹介します。

職業トレーニング

PCを中心にしたトレーニングになります。「報告連絡相談」のコミュニケーションも重視した職場に近い環境でのトレーニングです。

ストレスマネジメント研修

ストレスの要因となる、自分を苦しめる思考のパターンを知り、それを柔軟な考え方に変えるトレーニングを行います。

ビジネスマナー研修

社会人として求められるマナーを学び、実践できるように練習します。ベネファイは職場を想定した環境のため、常に練習の場が用意されています。

就活研修

配慮事項を伝えながらの就職活動の進め方をレクチャーします。応募書類の作成や面接対策も行ってまいります。

症状理解研修

ご自身の疾病と向き合い、体調を安定させる為の理解や長く仕事を続けていく上で必要な配慮について考えていく研修です。

事業所発表会

複数の企業様の前で準備した資料を発表します。企業様から逆指名を頂ける貴重な機会です。

atGPジョブトレIT・Web 評判||事業所の場所

ベネファイお茶の水

住所:〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-15和光湯島ビル7階

利用可能駅:
地下鉄千代田線「湯島駅」3番出口より徒歩5分
都営大江戸線/地下鉄丸の内線「本郷三丁目駅」2番出口より徒歩6分
JR線「御茶ノ水駅」1番出口より徒歩10分
地下鉄丸ノ内線「新御茶ノ水駅」B1出口より徒歩10分

ベネファイ 評判|就労移行支援利用の流れ

  • STEP1:お問い合わせ・見学予約
  • STEP2:見学
  • STEP3:体験通所
  • STEP4:医師意見書の提出/受給者証の申請・発行
  • STEP5:利用開始

お申し込みする際に必要な情報

  • 名前
  • 症状について
  • 生年月日
  • 問い合わせいただいた方
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 希望の見学・個別相談会場
  • 見学予約
  • お問い合わせ内容

説明会に申し込みしたら、日時を調整の上、見学・相談のご案内をお送ってもらえます。

オンラインも可能なので気になった方は積極的に見学申し込みを行ってくださいね。

ベネファイ 公式サイトへ

ベネファイ 評判|料金

就労移行支援の自己負担額は、厚生労働省で定められていて、前年度の収入によって負担額の上限は変わります。ですが、利用者の9割以上の方が自己負担0円です。

区分 世帯収入状況 負担上限
生活保護 生活保護世帯 0円
低所得 市町村税非課税世帯(※1) 0円
一般1 市町村税非課税世帯(所得割16万円未満)(※2)
*入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用を除く(※3)
9300円
一般2 上記以外 37200円

(※1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(※2)収入が概ね600万以下の世帯が対象になります。
(※3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」となります。
※その他条件によって減免があるので、各行政に確認してください。

ベネファイ 評判・口コミまとめ

ベネファイは日本初の難病専門の就労移行支援事業所です。

支持している方も多く良い評判・口コミが多いです。

難病の自己理解を深め、疾患配慮のある企業への就労を目指す方におすすめできます。

無料の見学も行っているので、まずは見学予約を行ってくださいね。

ベネファイ 公式サイトへ
タイトルとURLをコピーしました