就労移行支援 無駄

就労移行支援 無駄の解決策

就労移行支援 無駄の解決策

  1. 実績のある事業所を選ぶ
  2. カリキュラムのある事業所で安心
  3. 自立、定着を導く就職先を選ぶ
就労移行支援 おすすめへ

就労移行支援を無駄、意味ない、合わないという評価はあります。

お金儲けのためにやっている、闇と言われていました。

しかし、しっかりとした就労移行支援事業所を選ぶことで、通所が意味あるものとなります。

就労移行支援はあなたに合ったカリキュラムがあり、就職実績、定着実績のある事業所を選ぶことが無駄にならないポイントです。

首都圏でおすすめ


全国対応


 

関連記事:就労移行支援おすすめランキング|評判比較の事業所で就職

就労移行支援が無駄になる事例を紹介します。

就労移行支援 無駄の理由

就労移行支援が無駄と言われている理由は3つです。

  1. 通所しても就職できない事例が多く無駄
  2. カリキュラムが簡単すぎて無駄
  3. 通所してもお金を稼げないから無駄

詳しく紹介します。

就労移行支援 無駄の理由1:通所しても就職できない事例が多い

就労移行支援が無駄と言われる理由は通所しても就職できな事例が多いからです。

平成28年度年度の厚生労働省障害福祉課調べ(平成28年4月分 回答率:89.2%)によると就労移行支援の移行率0%の割合が29.7%でした。

これは、就労移行支援事業所に通所しても約3割の施設は就労できないと言えます。もちろん、通ったからこそ得られたことはあるにしても就労が目的なので達成されていません。

この結果から「利用しても就職できないから通うだけ時間の無駄」という利用者の声も出ています。

就労移行支援は国の補助金で成り立っているビジネスなので、就労移行支援の闇。ただ通所するだけの金儲けで意味なし、無駄と評価されることも少なくありません。

しかし、今後の方針として報酬体系が変わってきており、実績のない就労移行事業所には報酬が下がるため潰れていくと推測されます。

事業採算性の面で淘汰されていきます。

現在、実績のある就労移行支援事業所では利用者の9割の方が就労に成功しているため、無駄にならない就労移行支援は事業所選びが肝心です。

就労移行支援全体像としては利用しても就労できない事例が多いため、無駄と言われています。

就労移行支援 無駄の理由2:カリキュラムが簡単すぎる

就労移行支援が無駄といわれる理由はカリキュラムが簡単すぎるからです。

就労移行支援のカリキュラムには、健康管理、日常生活管理といった生活基盤をしっかりするプログラムが用意されています。

自立に向けたトレーニングなのですが、簡単で単調なことを繰り返し、変化がないことなのでつまらないと感じてしまいやすいです。

就労移行支援ってレベルの低いことやらせれるの?

とネガティブに捉えがちですが、単調で簡単なルーティンを繰り返すことも自立に向けた大切なトレーニングとなります。

就労移行支援は、職業訓練+生活訓練で成り立っています。

就労移行支援に通い始めて出来事に変化がなく意味がない。つまらないため、無駄では?と感じる方は実際のところ多いですが、カリキュラムとして意味ある行動であると支援員が説明してくれるかと思います。

もし、ここで就労に結びつく行動であると説明できない場合は、金儲けを目的とする悪質な就労移行支援かもしれません。

しっかりした就労移行支援事業所であれば、明確な目的をもっているので、どのカリキュラムも無駄にはならないはずです。

もし、「つまらない、簡単すぎる」と感じているようであれば、企業実習、見学などの次のステップへ進むことを相談してみると良いです。

このように一人ひとりに合わせた個別のカリキュラムを組んであるので無駄にはならないので安心してくださいね。

就労移行支援 無駄の理由3:通所してもお金を稼げない

就労移行支援が無駄と言われる理由は通所してもすぐにお金を稼げないと勘違いしていることです。

就労移行支援は就職に向けて訓練する施設でお給料は発生しません。

企業実習などで工賃を出してくれることもありますが、本来の目的は就労移行です。

就労と就職の違いについて解説すると

就労:仕事をしていること、働き続ける
就職:仕事につくこと、働く

就労移行支援とは、障害を持つ人が働き続けるための訓練をするサービスです。

スキル向上、就職活動、企業実習などをサポートしてくれます。

就労移行支援支援事業所とは就職するための学校のようなものです。国の補助金でサービスが成り立っているため、給料はありません。

学校に通うにも授業料がかかりますよね。就労移行支援に通うために給付金が出ますが、お給料ではありません。

就労移行支援に通所するとお給料をもらえるという勘違いから無駄と感じる方がいるかと思います。

就労移行支援 無駄|利用の意味ない?

就労移行支援 意味ない

就労移行支援は無駄で意味ないは、プログラムのレベルが低く感じるからです

就労移行支援の目的は『就職して働き続ける』です。

日常生活を基盤として、食事、睡眠、体力アップなどの日常生活、健康管理からスタートし、まずは通所することが目標とされる方もいます。

就労に必要となるなるパソコンスキル、コミュニケーションの訓練、障害理解などもあります。

どれも企業で働く上で必要な基本的なスキルなので無駄ではありませんよね。

基本的なスキル上に利用者がすでに能力があり、プログラム内容がつまらないため、意味ないと感じる方はいます。

就労移行支援は就職して定着できるようにするためのサービスです。

無駄で意味ないと決めつける前に企業の採用担当者が求めていることを確認していきましょう。

無駄、意味ないは嘘!企業の採用担当者が求めていること

就労移行支援が意味がないというアンチの声もありますが、就職を見据えた支援をしているので無駄ではありません。

障害者雇用をしている企業の採用担当者が求めているのは「働く意欲がある」です。当然のことですね。

さらに、求めていることはスキルやビジネスマナーよりも、障害の理解、コミュニケーション能力、自己管理ができることでした。

障害を理解している

障害者雇用をする採用担当者が求めているのは、本人が障害を理解していることです。

企業側としては働く上での配慮してくれます。

障害内容については、個々の障害に対応する職域の決定や、就労支援対策を企業側も講じています。

しかし、企業側の配慮だけでは万全とは言えません。

本人の障害特性についての理解を深め、自己対処方法を学んでいることが働き続ける上で大切なポイントです。

例えば、「優先順位をつけることが苦手」であれば、業務タスクが明確な職業に着くことで本人の能力が発揮されます。

本人の障害特性を理解していることで企業の配慮を得ることができます。

障害特性について学ぶことは無駄ではありませんね。

コミュニケーション能力がある

障害者雇用をする企業が最も求めるのはコミュニケーション能力です。

ただ、コミュニケーション能力といっても誰とでも仲良くするということではなく、「報告連絡相談」いわゆるホウレンソウができることです。

わからないこと、困ったことを相談する能力は仕事する上で必要不可欠です。

主体的に行動する姿勢(行動力・実行力)を求める企業も多いです。

自分で考えて行動する、受け身の姿勢で与えられるのではなく自ら進んで取り組む姿勢が求められます。

もちろん、障害特性から配慮される部分もありますが、一緒に働く同僚にも障害を持つ方もいらっしゃいます。

こうしたケースでは、異なる障害を持つ方と一緒に学べる就労移行支援の通所が役に立ちます。

自己管理ができいる

採用担当者が求めていることは自己管理ができてのことです。

働く意欲が高くても、体調不良で出勤できなければ、働けず意欲が無駄になるからです。

長く働き続けるためには、日常生活の基盤ができており、健康管理が重要です。

就労移行支援事業所に通うことで就職の準備段階として生活リズムを整えるための社会生活スキルを向上させるカリキュラムが組み込まれています。

通所する、規則正しく食事をとる、リラックスする方法を学ぶ、しっかり睡眠を取る。

就労移行支援事業所には簡単なカリキュラムが用意されているため一見すると意味ないように感じるかもしれませんが、自己管理の練習という視点でみると無駄ではありませんね。

就労移行支援に通うことで自己管理の課題を見つけられるので利用する意義がありますね。

就労移行支援 無駄、合わない?

就労移行支援 合わない

就労移行支援事業所と合わない場合は無駄と感じるケースがあります。

就労移行支援は事業所毎に強みや特徴があるため、支援内容と方向性が合わないことがあるためです

就労移行支援は全て同じサービスを提供しているものではなく、事業所ごとに特徴があります。

  • WEB・ITに特化したカリキュラムのある事業所
  • 就労移行支援でも在宅就労を目指す事業所
  • 事務職に強い事業所
  • サービス業に強い事業所

と目指す就労先が明確な事業所もあれば、症状別にカリキュラムを儲けているところもあります。

  • うつ病専門
  • 発達障害専門
  • 統合失調症

これらの特長を確認しないで行った場合は就労移行支援が合わければ無駄になる可能性があります。

もし、自身の就労の方向性と合わないということであれば、就労移行支援事業所の変更を検討することも必要になってきます。

就労移行支援事業所が合わない場合

自分の意欲がわく方向性と就労移行支援の方向性が合っている場合でも、スタッフの対応が嫌いで合わない場合は、まずは相談。

解決できなければ通所するだけ無駄です。事業所変更を検討をおすすめします。

就労移行支援事業所に行くことで病気の症状が悪化してしまう事は実際多いからです。

就労移行支援が辛いです。
嫌いなスタッフがいます。なんとなく違和感があり苦手意識はあったのですが、最近話す機会が増え、「だからさぁ!」とか「前にも言ったよね?」とか「あーもういいもういい」とか言われてしまい、顔を顔を合わせるのも辛くなって来てしまいました。
家に帰ってから泣きました。思い出すと不安定になります。そんなことでと思われるかもしれませんが、正直もう行きたくないです。
今後どうしたらいいのかわかりません。
自分には支援員が付いてないのですが、今からでもつけてもらった方がいいでしょうか?
生保なのですが、こういう時はケースワーカーに話すべきですか?それとも福祉施設でしょうか?
よろしくお願い致します。

引用:Yahoo!知恵袋

就労移行支援事業所も良いところもあれば、障害者ビジネスの闇と言われるように悪質な施設もあります。

これは支援員、他利用者との人間関係などトラブルは起きてしまうのです。

もし、こうしたトラブルが起きてしまった場合は、就労移行支援事業所の担当の相談員に相談して解消してもらうのが良いです。

支援員に言われたことで不快な思いをしたということは就労移行支援事業所としても改善すべき内容です。

ちょっとした誤解であったり、不備があり謝罪、担当を変えてもらうなどの対応をとってもらえることはあります。

利用者が就労移行支援に集中できることが大切だからです。

就労移行支援事業所が合わない。行きたくない人は行かない選択肢があるのです。

もし、就労移行支援事業所に相談しても解決されない場合は、苦情を市町村に申し出る方法があります。

市町村の障害・福祉担当の相談窓口では、就労移行支援を含めた福祉サービスの苦情受付が設置されています。

不安解消して就職実現のために安心して通所できる事業所に行くことが大切です。

就労移行支援 無駄は事業所との相性

就労移行支援 事業所との相性

就労移行支援が無駄になるかどうかは事業所との相性が大切です。

あなたに合った事業者でない場合、カリキュラム内容が無駄になるからです。

就労移行支援は原則として2年間の利用です。

事業所変更で無駄にするのではなく、通所する前にしっかり確かめることがポイントです。

就労移行支援事業所の相性を確かめるために大切なことは、

  1. 支援員とのコミュニケーションが取りやすい
  2. カリキュラムがしっかりしている
  3. 就労実績、定着実績がある

の3つです。

相性のポイント1:支援員とのコミュニケーションが取りやすい

就労移行支援事業との相性のポイントは、支援員とのコミュニケーションが取りやさです。

就労移行支援が無駄と感じる理由は支援員とのコミュニケーション不足やズレが要因であるからです。

就労移行支援は支援員と相談した上で一人ひとりに合わせた支援計画を組み立てていきます。その上で支援プログラムを学習し訓練に挑みます。

行っているプログラムの意図を理解し、働く上で必要なことであると明確に理解していれば無駄に感じることはありません。

意味ない、合わないと感じるのは通ってみてから思った内容なのでサポートの利用が本当に望む就活ができないと感じてしまう可能性があります。

このようなミスマッチを防ぐためにも支援員とのコミュニケーションでズレを修正していく必要があります。

  • 定期的な面談、目標設定はされているか
  • 支援員とのコミュニケーションが取りやすいオープンな環境か
  • 利用者を含め就労移行支援事業所の雰囲気は良いか

これらのポイントを見学時に確認してみましょう。

通所する価値なしの現場の例

就労移行支援事業所の支援員が次のような言葉を言っていたら通所する価値はありません。

  • 頭がおかしいんだから私の言うことを聞きなさい
  • 前にも言ったよね!

ひどい就労移行支援事業所の支援員によっては、言葉かけがおかしい、最悪な現場も存在します。

もし、こう言った事案があれば苦情を管理者に伝える。また、市町村に苦情申出をしましょう。

相性のポイント2:カリキュラムと方向性がマッチしている

2つ目のポイントはカリキュラムと就労の方向性がマッチしていることです。

あなたの働くとカリキュラムがマッチしていないと通所の意味がないからです。

就労移行支援には、専門知識に特化した「特化型」と汎用的な訓練を行う「総合型」の2種類があります。

また、総合型は汎用的なビジネススキルとして、ビジネスマナー習得、コミュニケーションスキル、パソコン基礎操作訓練、SST(社会生活技能訓練)を基盤し、就職先を意識した座学、接客や営業、軽作業、事務といった具体的な訓練を行います。

就職先を意識した訓練では、事業所毎に特色があるため、就労の方向性がマッチしないとプログラムが無駄になってしまいます。

例えば、WEB・ITスキルを習得したいのに、コミュニケーションスキル、ビジネスマナーに特化して学ぶ事業所なら無駄と感じてしまいますよね。

失敗して無駄にならないためにも就労移行支援事業所を複数見学してカリキュラムを確認することが重要となります。

相性のポイント3:就労実績、定着実績がある

就労移行支援の相性のポイントは就労実績、定着実績があることです。

就労移行支援の3割は就労実績0%だからです。

就労移行支援事業所の3割は通所しても就職できないというのが現実です。

支援員の雰囲気が良い、カリキュラムが自身の方向性に合っていそうと思っても事業所の就労実績、定着実績がなければ、全て無駄になります。

就労移行支援のゴールは利用者の就労です。

実績のある事業所が無駄になりません。無駄、意味ないと感じないようにするためにも実績に注目してください。

就労移行支援 無駄まとめ

就労移行支援は無駄ではありません。

もし、無駄と感じるようであれば事業所との相性が悪いだけです。

事業所に通い始めてから就労移行支援に「通っても役に立たない…意味がない」「いきたくない」と感じ悩む方は多いです。

後から変更することも可能ですが、できれば通所する前に自分に合った事業所を見つけられたら良いですよね。

事業所で学ぶことは無駄なことはありません。あなたの可能性を引き出してくれる事業所は必ずあります。就労移行支援を無駄にしないためにもいくつかの事業所を見学に行ってみてくださいね。

関連記事:就労移行支援おすすめランキング|評判比較の事業所で就職

タイトルとURLをコピーしました